社会政策論・社会政策 分冊1 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数769
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。
    キーワードを全て使用し、まとめました。
    参考程度にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会政策論・社会政策 分冊1
    日本の年功賃金の現状について、その歴史をふまえて論じてください。
    〈ポイント〉世界主義賃金との関連について
    〈キーワード〉賃金体系、グローバリゼーション、高コスト構造、雇用の流動化
    現代の日本では、「成果主義」という言葉がよく見られる。その理由として、1991年のバブル崩壊後、日本企業はそれまでの年功賃金のあり方を見直し、年功的処遇から成果主義へ、年功賃金から成果主義賃金へという、成果主義を導入する企業の増加が多くみられた。その後、約20年経った現在の日本企業における年功賃金の現状について、成果主義賃金と関連させながら考察していく。
     そもそも、年功序列制度は徳川時代から根付いた、日本型組織の最も重要な特質の一つであった。しかし、バブル崩壊後の日本企業は、年功賃金から成果主義賃金の導入に踏み切った。その理由として、バブル崩壊以前の1985年に為替レート安定化に関するプラザ合意から、日本社会では円高で、労働コストが高騰し、高コスト構造を抱えていた。しかし、日本企業はバブル景気による収益で高コスト体質による不利益をカバーできていたため、バブル崩壊まで対策を打つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。