メディア 商学総論 MB試験【S評価】

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数971
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度に開講されたメディア 商学総論 MB試験の答案です。
    最終評価はS評価でした。
    参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    メディア 商学総論 MB試験
    【課題】
    小売商業形態の変革化についてまとめてください。 (2000文字以内でまとめてください)
    小売業とは、消費財の流通過程において最終段階に位置し、最終消費者に接して商品を販売するものであり、流通業の中で日常生活用品を生産者や卸売業者から仕入れ、最終消費者に対して販売している。流通経路では、分散組織の最終段階に位置し、最終消費者の生活を守る産業として、消費者の欲求する商品を小量ずつ販売している。
    次に、小売業の代表的な商業形態挙げると、①百貨店、②スーパーマーケット、③ディスカウント・ストア、④クレジット販売店、⑤コンビニエンスストア、⑥ホームセンター、⑦専門店、⑧無店舗販売(通信販売や訪問販売)、⑨行商・露店・万屋の9点が挙げられる。では、現在の小売業界は、どのような状態にあるのだろうか。
    我が国における小売業の商店数は、1952年では120万店弱で、年々店舗数が増加してきたが、2002年には130万店と1982年のピーク時と比較すると42万店も減少し、1962年以来の低い水準となっている。このような影響から、我が国の小売業の店舗数の減少時代が到来..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。