【聖徳大学】アジアの文化Ⅰ 第1課題[A評価] + 第2課題[A評価] + 試験対策[A評価]

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数376
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■第1課題 第1設題(A評価)
    ①教科書のワーク1~20(3、7、12、20を除く)を全体1,200字程度で記述せよ。
    ②宮崎市定著『史記を語る』(岩波文庫)を読み、概略と感想を800字程度で述べよ。
    [講評]
    ・丁寧に学習されており全体としてよくまとまっている。
    ・宮崎『史記…』については歴史家や歴史についてもう少し突っ込むとなおよい。

    ■第2課題 第1設題(A評価)
    『史記』列伝から3つの伝を選んで其々について要旨と感想を全体2,000字程度で述べよ。
    [講評]
    ・骨太で刺激的な三篇を選びよくまとめている。
    ・技術や文化は時代差があるが人間関係は共通なものかもしれない。

    ■試験対策(A評価)
    論述の対策文(全3問×4パターン)
    ※経年による変化は自身で確認のこと

    ■参考文献
    『アジアの文化Ⅰ』原田理恵 聖徳大学通信教育部 2003年10月1日
    『史記を語る』宮崎市定 岩波文庫 1996年4月16日
    『中国陶磁史』佐藤雅彦 平凡社 1978年3月27日
    『史記列伝』司馬遷(訳:小川環樹) 岩波文庫 1975年12月16日
    『現代語訳 史記』司馬遷(解説:大木康) ちくま新書 2011年2月10日

    ■備考
    資料は試験対策の内容を確認いただくため「試験対策→第1課題→第2課題」の順に記載。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【試験対策】
    <パターン1(全4パターン):三つの語句を説明せよ>
    (1)魏晋南北朝時代の陶磁器
    ①魏晋南北朝時代の陶磁器は、青銅器の模造から解放され独自の発展をとげる。
    ②特に浙江省北部の越州窯が著しい発展を見せ、青磁の名器が多く焼かれた。
    ③青磁とは、青磁釉を施した焼き物のことだ。
    ④釉薬中の酸化二鉄が還元焼成により酸化一鉄に変化し、特徴的な青緑色を生む。
    ⑤(釉は植物灰を主成分とした高火度釉)
    ⑥また、越州窯では黒釉磁も焼かれた。
    ⑦さて、南朝は俑にかわり神亭壺や天鶏壺が名器の主流となる。
    ⑧一方、北朝はこの頃に厚葬の風習が広がったため、依然俑が名器の主流であった。
    ⑨北朝の陶磁器は西アジア(特にササン朝ペルシア)の影響を大きく受ける。
    ⑩シルクロードより持ち込まれた金・銀・ガラス器は陶磁器に新しい造形を与えた。
    ⑪また、葡萄・パルメット・連壁などの新しい文様も取り入れ表現力を増した。
    (2)天命思想
    ①天からの命を受けた有徳者(天子)により統治が行われると説く、徳治主義的思想。
    ②天とは、人間を超越した絶対的存在である。
    ③また、天の支持を受ける天子は、万民の幸福に寄与する最高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。