【佛教大学】経済学概論 科目最終試験 解答例<全6パターン対応>

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数796
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■資料の内容
    科目最終試験対策の想定問と解答例 <全6パターン対応>
    ※想定問の内容は資料冒頭に記載

    ■資料の特徴(暗記のための工夫)
    ・4科目受験でも覚えきれるよう、600~800字/1問に内容を精選
    ・覚えやすいよう、各解答例の内容構成や言葉遣いを統一
    ・キーワードを「薄赤字+黒下線」で表記し、プリントアウト後の赤シート暗記に対応

    ■備考
    経年による傾向の変化は自身で確認のこと

    ■参考文献
    『景気とは何だろうか』山家悠紀夫 岩波新書 2005年2月18日
    『ルポ貧困大国アメリカ』堤未果 岩波新書 2008年1月22日

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【1】資本主義において、景気の波を生む三つの原因について説明せよ。
    【2】「景気の自律的調整のメカニズム」について説明せよ。
    【3】日本において、1990年代後半以降「景気の自律的拡張のメカニズムが壊された」というのは、どういう事態であるかを説明せよ。
    【4】「景気の自律的拡張のメカニズム」を壊し、「信頼の構造」を壊した、日本における「構造改革」政策の思想・政策の核心的内容を説明せよ。
    【5】アメリカにおいて、「新自由主義」医療政策がどのようにして貧困を生み出し、取り返しのつかない「医療格差」をもたらしたか、その原因・成り行きについて、医療費、医療保険のあり方、競争・効率で追いつめられる医師・看護師、保険会社と株式会社化する病院との関係等のいずれかを例にあげて説明せよ。
    【6】アメリカにおいて、若者たちの「学びたいという純粋な欲求が、戦争に行くことと引きかえにされる」事態を作り出している政策について、その具体的例を取り出して説明せよ。
    ++++++++++++++++++++
    【1】資本主義において、景気の波を生む三つの原因について説明せよ。 <725字>
    一点目は、市場経済の需給関係..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。