ケースブック行政法第4版 第4章まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数261
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    授業、自主ゼミで作成した資料です。設問に対応した形になっています。自主学習にお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースブック行政法第4版 第4章 行政裁量
    参…参考文献
    4-第1問
    伝統的分類論より(今これでは考えない)
    羈束行為…法規により羈束されているから違反すれば即違法
    裁量行為…要件裁量 要件充足
        …効果裁量 行政効をするかしないか処分をするかしないか
    現在は判断過程の統制という統制方法を採用している。
    すなわち判断過程の各段階のいずれに裁量を認めているか
    そしてその裁量をみとめるべきかどうか を考える
    ①事実認定
    ②法定要件の解釈と認定事実のあてはめ いわゆる要件裁量(専門技術的・政策的判断)
    ③手続きの選択
    ④処分をするかしないかするとしてどの処分を選択するか いわゆる効果裁量
    ⑤処分をする時期の選択
    参 ケースブック行政法第4版 98~102頁
    4-第2問
    判例4-2神戸全税関事件
    ④効果裁量(処分をするかしないかどの処分を選択するか)
    侵害的行政処分について効果裁量を認めた
    国民の権利自由を侵害するものであれば司法審査を認める
    勤務時間内の組合活動が国家公務員法旧82条現1条1号及び3号該当で懲戒免職処分 懲戒免職処分の取消訴訟
    法は 公正・平等・不利益取り扱いの禁止 を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。