経済システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数289
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料作成の参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済システム
    現代世界システムの成立について説明する。
    1.現代システムの主要因
    現代システムの主要因には、基本要因、問題要因、問題解決要因がある。
    基本要因では、人類によるシステムと情報の共有が、世界都市化・国際化・ハイテク化・バーチャルオーガニゼーション発展を促進させている。大都市の発展は、高層建築・地下利用、電力化、生鮮食品の安定供給、加工食品、エアコン・エレベーター・エスカレータなどのハイテク化によってもたらされ、世界都市化と国際化を促進させている。大量輸送・大量生産・大量販売は、貿易拡大、国際化、標準化・モジュール化・共有化を促進させている。以上のように、大都市の頭脳クラスターであるバーチャルオーガニゼーションがハイテク化を促進しているが、その反面、人々に貧困をもたらしている問題要因がある。
    問題要因には、①国家間・民族間・宗教間の対立、②犯罪、③自然壊滅、④貧困、⑤人口爆発の5つがある。これらの関係には、国家間・民族間・宗教間の対立が自然破壊や貧困をもたらし、貧困が国家間・民族間・宗教間の対立を激化させていることがあげられる。貧困と自然壊滅と人口爆発の間にも相互関係が認めら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。