コンピュータの利用レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数896
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料作成の参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンピュータの利用
    1.自然数m、nに対して、mnを計算する効率のよいアルゴリズムを流れ図(flow chart)で記述する。
                   
    以下に流れ図の詳細を記述する。
    ・Iは繰り返しカウンタで、初期化するため、値を0にする。
    ・べき乗する数であるnを2で除することにより、最小の回数で計算できるように展開する。
    ・Iに1を加算し、nを2で除した回数をカウントする。
    ・nの値が2になるまで繰り返し、nの値が2になったら、べき乗する数を最小まで展開できたと判断して、mのべき乗を計算する。
    ・Sは繰り返しカウンタでmを乗算した回数をカウントする。
    ・mを乗算し、その回数がべき乗すべきnの最小の回数で計算できるIの値とmの乗算の回数Sが同じになるまで乗算を繰り返す。
    ・S=Iとなれば、その演算結果を出力し、終了する。
    2.プログラム言語がそれぞれ、コンパイラとインタプリタのいずれに属するか。
    プログラム言語 コンパイラかインタプリンタのいずれか FORTRAN コンパイラ COBOL コンパイラ ALGOL インタプリンタ PL/1 コンパイラ BASIC インタプリンタ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。