アントレプレナーシップ論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数556
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料作成の参考にしてください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アントレプレナーシップ論
    1.①Porterの競争優位の概念を説明し、現存する、あるいは過去に存在した企業の、②具体的な競争優位のタイプの事例を提示する。
     
    1.Porterの競争優位の概念
    企業が競合他社との競争に勝ち残り、成長を続けていくには、他社との競争における優位性を確立する必要がある。競争上の優位性とは、事業展開や組織の運営等において、他社鳥優れた能力を有することを意味するとPorterは唱えている。
    さらにPorter の競争戦略では、3つの基本戦略で他社との競争を優位にすると述べている。その3つの基本戦略とは、「コストリーダーシップ戦略」、「差別化戦略」、「集中戦略」の3つである。
    以下に、3つの基本戦略の具体的な内容を示す。
    1)コストリーダーシップ戦略
    大規模な生産設備で大量生産を行うなど、規模の経済を利用したり、独自の技術や他社より有利な原材料の確保などにより、競合他社より徹底的に低いコストの地位を確立する戦略である。
    調達、設計、販売などの総合的オペレーションコストを削減することによって実現する。
    2)差別化戦略
    自社製品を他社が真似できないようなユニークな商品..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。