経営史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,431
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本中国経済企業経営社会道徳国家事業労働

    代表キーワード

    経営史

    資料紹介

    資料作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営史レポート
    明治の中ごろ最初の企業設立ブームが起こり、それが日本経済にどのような効果をもたらしたか。
    このテーマについて、①当時の経済情勢、②民間企業家の工夫と努力、③政府のはたした役割などについて、テキストをよく読み幅広く論ずる。
    インフレーション期は経済活動が活発である、しかし、これがデフレに変わると不景気になるが、経済活動はゼロではない。当時の経済情勢には儲かる仕組みがあったから、企業設立ブームが発生した。その仕組みとは、松方デフレで国内需要が減少したが、輸出部門が好調であったことである。その背景には欧米先進国が金本位の移行期で各国が銀を市場に売却したため、銀の価値が下落した。日本の貿易は銀で支払いを行っていたので、金高銀安となり、銀で表示される日本の商品の購入が有利となった。現代に例えるとドル高円安により、輸出が有利になるのと同じである。これにより、生糸をはじめとするあらゆるものの輸出が増加したことにより、国内消費も回復し、デフレの下げ止めとなった。
    また、紡績業のような大規模会社の新設が増加した。それは、大阪紡績が、モデルになり、不況で安い預金金利より、株式会社に投資して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。