流通概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数632
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    流通概論レポート             
    1.流通業者である百貨店とスーパーマーケットに関して、それぞれの特徴を論述する。
    1)スーパーマーケット
    スーパーマーケットと呼ばれる小売形態はそれまでの小売店で行っていた、顧客と店員が対面する取引をセルフサービスとすることによって、店員の削減や顧客への対応時間などの合理化を実現し、この成果を商品の価格として消費者に還元した。
    食料品から日用雑貨まで総合的なニーズを満たすようにデザインされた比較的大規模な小売店舗であり、レギュラーチェーン形態を採用しているケースが多い。
    広い駐車場を持つなど、消費者がワンストップショッピングやまとめ買いを目的に訪れることを想定されている。
    大量仕入れを背景として、価格交渉力を強め、流通チャネルにおける影響力を拡大させ、商品の価格決定権に強い発言力をもつ存在へと成長を遂げてきた。
    スーパーマーケットはチェーンオペレーションを通して全国に店舗数を拡大しており、そのチェーン本部による大量仕入れ、買取仕入れ、低価格販売、セルフ販売方式、パート従業員の採用などによる経営コストの削減が特徴である。
    チェーンオペレーション..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。