孫子の兵法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営職能と経営計画 レポート
    “「孫子」の軍事規範”について述べる
    始計編
    1.「兵は国の大事なり」(戦争は国の重大事である)
    戦争は国家の興亡、国民の存亡をかける最大の重大事であることをまず認識することが大切である。その決断を行うには、関係するいろいろな条件、要因などを分析、検討し、その結果をふまえて自分と相手の強弱を比較して結論づけることが述べられている。
    2.「将 吾が計を聴かざる時は、これを用うれば必ず取る」(君主の意向に従わない将軍を登用すると、戦さにかならず負ける)
    将軍が、君主の計略を十分に理解し、その意を体して行動するかどうかによって、勝敗が決まる。つまり、意に従う将軍は留任、登用し、意に反する者は解任すべきである。
    将軍が君主の計略の利点を十分にわきまえて出陣するならば、その軍隊の勢いは増し、戦いにあたっては、情勢に応じた臨機応変の対応ができ、勝利を得ることができる。
    この項で述べられていることは、ビジネス界での上司と部下の理想的な姿であるとも考えられる。
    3.「兵は詭道なり」(戦いで相手をあざむく方法が不可欠である)
    世の中の色々な場合、特に争いの場のおいては、相手..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。