人的資源管理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数795
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人的資源管理論レポート
    1.戦後、日本的雇用慣行の終身雇用慣行、年功序列、企業労働組合などは、どのような形に編成されつつあるのか整理する。
    終身雇用慣行は従業員の失業に対する不安を払拭し、安定した生活を与えることで、企業に忠誠心をもち、モラールの向上となる。これは、企業にとって従業員を定着させ、長期継続雇用の中で得られるさまざまな経営的メリットを追求することにあり、企業の目的と従業員の要望が一致していたといえる。現在では、「必要なときに必要な人材を」という考えの下に企業事情の変化に応じた「雇用の柔軟性」と「人件費の変動費化」を進める動きが活発化している。離・退職管理では、一律的な退職制度を改め、45~50歳を対象に「進路選択制度」を導入することによって、「去る者は追わず」とした企業の従業員の定着努力を放棄するとも受け取れる面も見られている。企業にとっては、余剰人員を抱えるよりも、進路選択制度の導入で従業員に定着努力を促すより、柔軟な雇用管理が行い易くなることは、現在では経営的なメリットのひとつになっている。しかし、従業員の内部育成が大きな比重を占める現在の状況では、会社への忠誠心を重視..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。