経営組織と指揮統制

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数179
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営組織と指揮統制レポート
    設題:組織設計と状況変数について纏める
    組織構造の設計に際して制御対象となる変数を構成要素として組織設計を行うにあたり、そのうち、制御不可能な変数として、状況変数がある。
    ミンツバーグは、そのような状況的変数として、組織年齢、組織規模、技術、環境、所有、構成員のニーズ、流行をあげている。ここでは、組織年齢、組織規模、技術、環境について説明されている。
    組織年齢とは、その組織が創設以来、どれだけの年数を経ているかということである。一般的に組織年齢が高くなるほど、行動の公式化の程度が高くなり、また、構造は当該組織の創設時の経済社会的状況を反映する。
    組織規模は、従業員数の規模あるいは財務的数値で計測した規模がその尺度といえるが、ここでは、従業員規模を組織規模としている。組織規模と、他の組織構造変数の関係については、分業、単位組織間の分化、階層の数、が規模の増加関数であり、また、単位組織内と単位組織間について、その必要性は、順に、規模の減少関数、増加関数である。単位組織内の調整の必要性の減少は、単位組織の規模の増加、単位組織内間の分化の増大は、行動の公式化を誘発し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。