ブランドマネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数511
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ブランドマネジメントレポート
    ブランドに関して、現存する企業ブランドを採り上げ、その企業が①どのようなコンセプトに基づいて、②具体的にどのようなブランドを創り出したのかを答える。
    「ユニクロ」はアメリカンカジュアルをテーマとした衣料品をアメリカの衣料小売店である“GAP”をモデルとし、経済の状況に合わせ、低価格、高品質商品をコンセプトとして商品の開発をされてきた。
    アメリカンスタイルの建物にポートレイトや有名スター、映画のポスターなどを展示した店舗を構えることで、そのスタイルを演出した。
    商品の低価格を実現するためにいち早く、中国に工場を持ち、低価格で調達できるモデルを構築した。
    基本的には、過度に個性のないデザインの商品が多い。元々はナショナルブランドの小売店であったが、製造小売業への転換後は、良品質のカジュアル衣料を低価格で提供したことから、衣料品としての完成度は高く評価されている。低価格であることが、価格破壊として、マスメディアに紹介されたため、ユニクロの服を着ることが「恥ずかしい」との印象が広がり、経営悪化の原因となったが、2004年頃から「お手頃価格」でありながら、その印象の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。