青色発光ダイオード訴訟内容と和解制度について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数372
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【判定:A(90点以上)評価】
    大学の民事訴訟法講義で作成したレポートです。
    青色発光ダイオード訴訟を通じて、和解制度の内容・効果について論述してあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
     本レポートを展開する予備知識として、今回取り上げる「青色発光ダイオード訴訟」における事実部分をいささかではあるが紹介する。
     原告Xは被告となる会社Yに従業員として在職中、“20世紀中には不可能”といわれていた青色発光ダイオード(青色LED)の開発に成功し、Yはその発明の製品化によって大きな利益を得た。しかしXによって成された本件特許発明は、1990年被告Yによって特許出願され、1997年に発明者をX、権利者をYとして設定登録(特許登録)された。当該訴訟は、この特許の権利と発明に対する評価が大きく取り上げられたものである。
    1.本訴訟における訴訟物とは―― 訴訟物の特定の意義
     訴訟物とは訴訟上の請求であり、原告が被告に対して何を、そしてどのような処分を求めているかを表している。そのため、訴訟物はその訴訟が起こされた要因と捉えることもできる。当該訴訟は、原告Xが被告Yに対して複数の請求を起こしている複数訴訟となっている。ここではそれらの請求を、原告側が訴える内容の中心といえる主位的請求と、主位的請求が認められなかった場合を解除条件として予備的請求とに分けて言及したい。
     ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。