【教育原論1(Z1102) レポートA評価◎】ハヴィガーストの発達課題について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,178
ダウンロード数21
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程、教育原論1のレポートです。

    『ハヴィガーストの発達課題について、よく理解してまとめています』という所見をいただきました。
    A評点のレポートです。(3,108文字)


    確実に単位取得されたい方限定です。
    佛教大学のレポート採点では、「重要キーワードの有無」をチェックされます。

    ですので、このレポートには重要キーワードをしっかりと入れ込みました。
    また、文章構成にも配慮し、ポイントを押さえた内容となっています。


    ※ただ、購入する前に、個人的なお願いで本当に申し訳ありませんが、
    このレポートの購入は、私と同じように高齢で仕事をしながらがんばっている方限定にして
    いただきたいと思っています。

    (若い学生さんたちは絶対に購入しないでください。勉強時間はたくさん確保できるはずなので、
    自力でお願いします。)


    ※ファイル形式がOpenOfficeになっていますが、Wordの方も完全に互換性がありますのでOKです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ハヴィガーストの発達課題について述べよ
     
     まず、「発達課題」とは、人間には発達に応じた課題があるということを意味する。ハヴィガーストは、人間の発達課題を体系的に論理化し、教育を結びつけて考察した。その特色は、人間の生涯のある時期だけを取り上げているのではなく、幼児期から老年期までのライフステージにおける成長・発達を連続的に捉えていることである。
     ハヴィガーストは発達課題を、ライフステージとして「幼児期」、「児童期」、「青年期」、「壮年期」、「老年期」に、分けて考えている。
     幼児期における発達課題については、「歩くことを学ぶ」、「固形の食物をとることを学ぶ」、「話すことを学ぶ」、「排泄機能のコントロールを学ぶ」、「性の相違を知り、性に対する慎みを学ぶ」、「生理的安定を得ることを学ぶ」、「社会や事物についての単純な概念を形成する」などの他、「両親や兄弟姉妹および他人との情緒的結びつきを通した社会性」、「善悪を区別することなど道徳性の学習」などがある。
     児童期における発達課題については、「普通の遊戯に必要な身体的技能の学習」であると述べ、遊戯の必要性を強調している。また、「成長す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。