【東洋の歴史(Q0102) 第2設題レポートA評価◎】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数612
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程、東洋の歴史(第2設題)のレポートです。

    本レポートにおいては、(a)太平天国を選択しております。
    『太平天国のめざす国家像及び思想についてよく理解しています』という所見をいただきました。
    A評点のレポートです。(3,056字)


    確実に単位取得されたい方限定です。
    佛教大学のレポート採点では、「重要キーワードの有無」をチェックされます。

    ですので、このレポートには重要キーワードをしっかりと入れ込みました。
    また、文章構成にも配慮し、ポイントを押さえた内容となっています。


    ※ただ、購入する前に、個人的なお願いで本当に申し訳ありませんが、
    このレポートの購入は、私と同じように高齢で仕事をしながらがんばっている方限定にして
    いただきたいと思っています。
    (若い学生さんたちは絶対に購入しないでください。勉強時間はたくさん確保できるはずなので、
    自力でお願いします。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     次のテーマから一つを選択してリポートしなさい。(a)太平天国が成立した背景、およびそれがめざした社会について述べよ。(b)第1次国共合作と第2次国共合作が成立した背景、およびそれらが果たした歴史的な意義について述べよ。
     本レポートにおいては、太平天国の成立・発展・崩壊の過程をふまえて、成立の背景を明らかにし、あわせて政策に裏付けられた、目指す国家像について述べる。
     まず、太平天国が成立した背景についてである。これに大きく影響したのが、アヘン戦争(1840年)による敗北及び南京条約に始まる一連の不平等条約の締結である。南京条約締結によって、上海をはじめとする5港が開港され、外国からの人・物が進出してきた。低関税に守られたヨーロッパ商品が国内に流入し、貿易の中心地も広州から上海へと移動、外国人や外国汽船の中国沿岸・内河への進出などによって、華中と華南を結ぶ沿海・内陸での商業活動に依存して生活していた手工業者・商人・交通運輸労働者たちは失業に追い込まれることとなったのである。また、アヘン戦争後に締結された南京条約には、戦争の直接の原因となったアヘン貿易に関する規定は何も無く、イギリスは..

    コメント1件

    hanjiro 北九州大学卒 販売
    ※お得な第1・2設題セットも格安にてご用意しております。下記URLをご参照ください。

    【東洋の歴史 第1・2設題レポートセット】

    2014/06/20 23:09 (2年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。