【東洋の歴史(Q0102) 第1設題レポートA評価◎】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数630
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程、東洋の歴史(第1設題)のレポートです。

    本レポートにおいては、仏教を選択しております。
    『中国王朝における仏教思想について、よく理解して十分に要旨がまとめられています』という所見をいただきました。
    A評点のレポートです。(3,183字)


    確実に単位取得されたい方限定です。
    佛教大学のレポート採点では、「重要キーワードの有無」をチェックされます。

    ですので、このレポートには重要キーワードをしっかりと入れ込みました。
    また、文章構成にも配慮し、ポイントを押さえた内容となっています。


    ※ただ、購入する前に、個人的なお願いで本当に申し訳ありませんが、
    このレポートの購入は、私と同じように高齢で仕事をしながらがんばっている方限定にして
    いただきたいと思っています。
    (若い学生さんたちは絶対に購入しないでください。勉強時間はたくさん確保できるはずなので、
    自力でお願いします。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     次のテーマから一つを選択してリポートしなさい。(a)儒教・道教・仏教は中国社会を理解する上で大きな意味を持つ思想である。これらのなかから一つを選択して、それを中国歴代王朝がどのように扱ってきたかについて述べよ。
     本レポートにおいては、中国王朝における仏教思想の誕生(招来した時)から清末までの各時代における展開過程や特徴を考察する。
     まず、仏教が中国に入ってきた時期についてである。これは、大きく分けると、①秦の始皇帝説、②前漢の武帝説、③前漢の哀帝説が存在する。また、当時の時代背景としては、秦の始皇帝政治が極端な中央集権であり、人民に過大の労役を課し、法律の適用も厳しく、結果的に人心の離反を招いたことで反乱が起こり、秦は滅亡して漢が成立している。このような中、仏教については、後漢のかなり早い時期には、上流階級に伝わっていたと考えられ、明帝の異母弟楚王英が熱烈な信者であったといわれており、桓帝においても、宮中に仏陀を祭っている。
     次に、魏普南北朝時代の仏教についてである。後漢末は、動乱の続く群雄割拠の様相を呈していた。その中で台頭してきた曹操は、後漢の中心地であった華北大平原をほ..

    コメント1件

    hanjiro 北九州大学卒 販売
    ※お得な第1・2設題セットも格安にてご用意しております。下記URLをご参照ください。

    【東洋の歴史 第1・2設題レポートセット】

    2014/06/20 23:08 (2年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。