日本国憲法2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数300
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポート(A)です。
    参考にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題)議院内閣制
    課題)日本国憲法における議院内閣制の特徴について説明せよ
    日本国憲法はいわゆる三権分立の原則といわれる、立法、行政、司法をそれぞれ国会、内閣、裁判所に帰属させ、相互の抑制と均衡のもとに、政治を運営することを基本としている。行政権の主体である内閣は、内閣総理大臣とその他の国務大臣から構成されるが、総理大臣は国会議員の中から国会の議決によって指名され、その他の国務大臣は、内閣総理大臣が任命するが、過半数は国会議員でなければならない。内閣は連帯して国会に対して責任を負い、衆議院の信任がなければ存立しない。衆議院での信任決議が不成立の時、ないしは衆議院で不信任が議決された時、内閣は総辞職をするか、議決から10日以内に衆議院を解散し、国民の信を問わなくてはならない。このような国民の代表機関である国会の信任を受け、国会議員の中から主要な閣僚が選出され、行政権の行使にあたって国会に連帯責任を持つ内閣制度を議院内閣制といい、現在日本やイギリスなどで採用されている政治制度である。国民は議会へ、議会は内閣へ、権限の委任と監督の連鎖を、また、内閣は議会へ、議会は国民へ、責任の連鎖を構築する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。