日本国憲法1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数256
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポート(A)です。
    参考にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    略題)思想・良心の自由
    日本国憲法は第19条で「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」と規定している。これは身分や職業等に関わらず、日本国民すべての人の普遍の権利として保護されている。
    この「思想及び良心の自由」は、自由権の一つで、表現の自由などの各種精神的自由権の前提となるものであり、人の精神生活の基礎にある心のありよう(内心)の自由を保障する重要な人権である。人間の諸活動は人間の精神活動から生まれるものであるから、人間の内心の自由のうち思想及び良心の自由がなければ、その他の精神的自由、経済的自由も存立の基盤がゆらいでしまうことになる。したがって、人間の内心の自由は、すべての自由権の基礎としての意味をもっている。なお、「思想及び良心の自由」という文言には、「思想」と「良心」とを分けて規定しているように見えるが、両者を特に区別する必要はなく、テキストで「思想及び良心は、ともに人間の精神生活における思考作用の内容を言い、良心は、人間の倫理的な弁別意識を言う」¹)とあるように、本質的な面では異なるものではない。
    第二次世界大戦前の日本における大日本帝国憲法では、このような規定が置か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。