S0617 社会科教育法

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数278
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2012年提出、合格。レポートを作成する際の参考となれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『平成20年度版学習指導要領における社会科改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元で理解させたい内容を詳細に述べなさい。さらに、そのような内容を理解させるために何を用いて(教材)、どのように指導するのかを説明しなさい。』
    (1)社会科改訂の基本方針とそのポイント
     社会科改訂の基本方針として、中央教育審議会答申では次のように示された。「①社会科、地理歴史科、公民科においては、その課題を踏まえ、小学校、中学校及び高等学校を通じて、社会的事象に関心を持って多面的・多角的に考察し、公正に判断する能力と態度を養い、社会的な見方や考え方を成長させることを一層重視する方向で改善を図る。②社会的事象に関する基礎的・基本的な知識概念や技能を確実に習得させ、それらを活用する力や課題を探求する力を育成する観点から、各学校段階の特質に応じて、習得すべき式、概念の明確化を図るとともに、コンピュータなども活用しながら、地図や統計などの各種の資料から必要な情報を集めて読み取ること、社会事象の意味、意義を解釈すること、事象の特色や事象間の関連を説明..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。