S0528 道徳教育の研究

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数183
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年提出、合格。レポートを作成する際の参考となれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。』
    道徳教育は、人が人間として生きていく上で必要な社会的規範を身につけるために必要である。しかし、社会情勢や、変化の激しい現代においては、道徳そのものに摩擦が生じることもあり、それを理解しておくことも必要である。ここからは、道徳教育とその必要性を考察し、更に現代の子どもたちに必要である「生きる力」の育成について述べていく。
     まず、子どもたちにとって道徳教育がどのような役割を担うのかを述べていく。子どもたちは、道徳を通して社会的規範を身につけさせることと、個々の可能性を引き出し、伸ばすことが必要であるとされている。その根拠は、道徳教育の目標である「教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、人間尊重の精神と生命に対する畏敬の念を家庭・学校・その他社会における具体的な生活の中に生かし、豊かな心を持ち、個性豊かな国際社会に貢献し未来を拓く主体性のある日本人を育成するため、その基盤としての道徳性を養うことを目標とする。」(小・中学校学習指導要領「第一章 総則」)とされている。また、1989年の学習指導要領の改定により、「生命に対す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。