理科概論科目最終試験

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数389
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    水の三態(気体・液体・固体)それぞれについて、「粒子」という用語を用いながら、また図で示しながら説明しなさい。また、気体と液体、液体と固体のそれぞれの間の変化についても、同じように「粒子」という用語を用いて説明しなさい。
    固体
    物質を形成する粒子が規則正しく並んでいて動き回らない。
    液体
    粒子が触れ合いつつ動き回って不規則に並んでいる。
    気体
    粒子がばらばらになり勢いよく飛び回っている。3つの状態のうちもっとも密度が小さい。
    液体を熱すると、粒子が飛び出し、気体の状態になる。これを蒸発という。液体は一般に自然に放置しておいても、その表面から蒸気となって蒸発する。飛び回っている粒子が落ち着き、水の状態になることを凝結という。
    沸騰を始める温度を沸点という。水は1気圧では100度で沸騰し、液体の状態では100度以上にはならない。
    動いて異な粒子が動き出し、固体が液体になる現象を融解と言い、この時の温度を融点という。また、動いている粒子が止まり、水が氷になることを凝固と言う。水の場合、氷が水になるときの温度は0度である。
    小学校の理科実験室にある実験器具を用いて、水蒸気についての指導をおこな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。