Z1603 教育実習研究 第1設題(合格済み)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数668
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題:教育実習を成果あるものとするためには、実習生自身が目標をもって実習に臨むことが大切です。学習指導、生徒指導などの実習における自らの具体的な目標を3つ挙げて、どのように努力していくか、あなたの決意を述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習を成果あるものとするためには、実習生自身が目標をもって実習に臨むことが大切です。学習指導、生徒指導などの実習における自らの具体的な目標を3つ挙げて、どのように努力していくか、あなたの決意を述べなさい。
    はじめに
    教育実習は、実際に教師の仕事を体験することで、大学の授業に対しての理解を深めたり、将来の教師像を具現化することができる、貴重な機会である。当然、実際に教師として働く訳であるから、自らが学習しながらも、その責務は果たす必要がある。というのも、子ども達からすれば、例え教育実習生といえども、教師であることには変わりがないからである。
    そこで、今回の教育実習の目標をたてる上で、子ども達の目線で考える、ということを重視しようと思う。学生の立場で教育実習に臨むので、どうしても自分の学習に対しての目標を立ててしまいがちであるが、私の目指す教師像を考えた場合に、やはり子ども達の目線にたって考えることは、外せないと考えたのである。だから、目標はあくまで、「子ども達に~~を伝える」というような、子どもを軸にした目標をたてたい。そして、教育実習が終わった段階で振りかえり、目標を達成できたかど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。