R0115 漢文学 レポート 第1設題(合格済み)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,187
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設問:「漢文」とはどのような文体か、その定義を述べよ。
    テキスト:漢文法基礎:本当にわかる漢文入門(講談社学術文庫 2018)、講談社

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「漢文」とはどのような文体か、その定義を述べよ。
    「漢文」の定義について、全く調査をせず、私の脳内にあるイメージだけで話をすると、次のような定義となる。1、中国語で書かれた文章である。2、しかし、そのままだと「漢文」ではなくただの「中国語」なので、日本人が読みやすいように書き下された文章である。・・・以上。うむ、全くもって不十分である。では、中国人が書いた中国語を基にしないと、漢文となりえないのか。いつの時代の中国語を書き下したものでも、漢文となりえるのか。書き下しのルールに決まりはないのか。等々、定義が曖昧な部分が多々あるように思える。
    ということで、「漢文」について調査をして、独自に「漢文」を定義していく。その第一歩として、まず辞書で「漢文」がどのように説明されているかを調べた。
    かん‐ぶん【漢文】
    1 中国古来の文語体の文章を日本でいう称。
    2 日本人が1に倣って書いた文章。
    3 中国の漢の時代の文章
    (大辞泉より引用)
    なるほど、2で記述があるように、日本人が中国語を倣って書いたものも「漢文」となり得るようである。また、文語体の文章であると定義されており、口語の場合は漢文となり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。