「ネットいじめ」について 免許更新レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,384
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年 東京未来大学 免許更新レポート課題 課題番号②「ネットいじめ」について 免許状更新講習教材 教育事情-第3版- 2000字

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題番号②  
    「ネットいじめの問題について」
    2013年3月28日早朝、奈良県橿原市立中学1年生の女子生徒がマンションの7階から飛び降りて自殺した。女子生徒は生前ネットいじめも受けていた。
    スマートフォン向けの無料アプリケーションLINEを使っていたそうだ。加害者の1人は「私のせいや。私も死んだ方がいいんかな。」とLINEに書き込んだ。しかし、通夜の際にはこう書き込んだ「お通夜NOW」と。
     国内でのLINE利用者は4500万人以上いる。内閣府が2013年1月に公表した調査によると高校生のスマートフォン所持者は前年比の約8倍の56%、中学生は約5倍の25%である。利用者の増加に伴いLINEいじめが増加しているのが現状である。
     社会学者の土井隆義氏は、スマートフォンや携帯電話でのソーシャル・ネットワーキング・サービスは、現代の子どもたちにとっては欠かせないライフラインであり、他者とのつながりを作り、自分を表現できる道具なのであると述べている。
     もはや、教育に携わる私たちにとって、ネットいじめ問題は避けては通れないものになっている。では、なぜネットいじめが増加しているのだろうか。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。