IVH

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数211
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護点滴IVH

    代表キーワード

    看護IVH

    資料紹介

    IVH(経静脈栄養、高カロリー輸液)について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    IVH(経静脈栄養、高カロリー輸液)
    目的
    経口、経腸摂取が不可能、または不十分な場合の栄養補給
    経口摂取が可能でも食物の通過障害が疾病を悪化または治癒を遅延する場合の栄養補給
    適用
    術前の栄養状態の改善
    広範囲な消化管手術に伴い、経口摂取が不可能となると予想される場合
    重度外傷や放射線、化学療法中のために経口摂取を上回る高カロリーを輸液したい場合
    消化管手術後の縫合不全や慢性炎症性腸疾患などで経口摂取が好ましくない場合
    特殊組成輸液を用いて特定疾患時の代謝異常の改善や治療を図る場合
    穿刺血管は①鎖骨下静脈②内頚静脈③外頚静脈④肘部正中静脈⑤大伏在静脈が主
    輸液剤の種類
    高カロリー輸液
    糖質、アミノ酸、電解質が調整されている。ただしブドウ糖とアミノ酸を混同したままで長時間放置すると輸液が変色、劣化するので使用直前に混合できるようになっている
    高カロリー輸液用糖、電解質液
    糖質、電解質液のためアミノ酸を加えてから使用する
    アミノ酸剤
    主にタンパク源として用いられる
    病態別アミノ酸剤
    腎不全用、肝不全用
    脂肪乳剤
    カロリー補給及び、必須脂肪酸源として用いられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。