佛教大学通信教育学部 S8101 教育原論1 第1設題(A判定合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数379
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部 
    S8101 教育原論1 第1設題
    「ハヴィガーストの発達課題について述べよ。」についてのレポートです。

    参考文献//『教育学の基礎』『人間の発達課題と教育』です。

    本学テキストと、別途参考文献により簡単内容にまとめております。
    『人間の発達課題と教育』を全部読破するのは非効率的であると思います。基本的には個人的な意見や感想はできる限り少なくしております。


    ぜひ参考にしていただき、レポートをご作成ください。

    【所見】テキストを深く読み、良くまとめられているレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    「人間は決して、すでにできあがった人間として生まれてくるのではなく、教育によって子供は初めて人間となるのであり、したがって教育こそ、人間としての発達の必須条件だ」とランゲフェルドは人間には教育が必要なことを述べている。本レポートにおいては、この教育における「発達課題」について考察していく。
    「発達課題」とは、人間には発達に応じた課題があるという事を意味するが、この考えについてアメリカの教育学者ハヴィガーストは著『人間の発達課題と教育』で「個人が学ばななければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる。」と述べている。つまり、ある時点での課題を、適当な時期に達成できなければ、やがてやってくる様々な課題の達成を部分的に、あるいは全面的に失敗してしまうと考えているのである。この「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。