佛教大学通信教育学部 Z1802 介護等体験研究 第1設題(A判定合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数351
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部 
    Z1802 介護等体験研究(1単位)
    「なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。」についてのレポートです。

    参考文献/『よくわかる社会福祉施設〔第2版〕』『フィリア:特別支援学校における介護等体験ガイドブック〔新学習指導要領版〕』です。

    課題図書のみで簡単内容にまとめております。

    ぜひ参考にしていただき、レポートをご作成ください。

    【所見】よくまとまっており、努力の跡がうかがえます

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。
     介護等体験とは、平成9年に議員立法として提出され、衆議院及び参議院ともに全会一致で可決された「義務教育教員志願者に対する介護等体験の義務づけに関する制度の法律」によって定められている体験活動である。この法律の趣旨は「義務教育に従事する教員が、個人の尊厳および社会連帯の理念に関する知識を深めることの重要性にかんがみ、教員としての資質向上を図り、義務教育の一層の充実を図る観点から、小学校および中学校の教諭の普通免許状取得希望者に、介護等の体験をさせること。」である。この介護等体験では、実際の社会福祉施設や老人保健施設、特別支援学校等において高齢者や障害者に対して介護や介助のほか、障害者等の話し相手、散歩の付き添い等の交流等の体験、あるいは掃除や洗濯といった障害者等と直接的には接しない施設の業務の補助等を行っていく。また、特別支援学校では子供の生涯の違いにより、視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱と専門性が分かれているため、それぞれの種別によって教育の内容も異なり、体験活動は実に多様である。
     現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。