佛教大学通信教育学部 S8109 教育方法学1(中・高) 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数490
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部 
    S8109 教育方法学1(中・高)
    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」についてのレポートです。

    参考文献//『新しい教育の方法と技術』です。

    課題図書のみで簡単内容にまとめております。

    ぜひ参考にしていただき、レポートをご作成ください。

    【所見】テキストをまとめた上で、自分の考察をバランスよく記述するようにしましょう

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
     現代の社会は「情報化社会」とも、「生涯学習社会」とも言われ、様々な情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会は、これまでのどの社会と比べても格段と広がっている。もはや学校だけが教育の場ではないという認識はすでに常識となっているが、そんな中、近年「教育改革」の名の下で、学校教育はこれまでの仕組みを大きく変えようとしている。中でも、教育方法の変革は根本的なものであり、基本的な知識や技能の習得及び児童生徒の主体的な学習の両者を重視する授業へと変化している。本レポートでは、従来の知識伝達を重視した授業と主体的な学習を基本とする授業について、設計及び評価の点で比較し考察していく。
     まず初めに、授業設計について述べていく。設計とは、自分が実現したいと思い描いた時点から、それが確実に実現するように頭の中で概念を捜査していく過程である。この時の概念は他の専門分野では、記号や数式等として表現することが可能であり、経験を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。