佛教大学通信教育学部 S8103 教育社会学1 第1設題(A判定合格済)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数264
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育学部 
    S8103 教育社会学1 
    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。」についてのレポートです。

    参考文献//『教育の比較社会学〔増補版〕』及び『学力論争とはなんだったのか』です。

    簡単内容にまとめております。

    今年度も同様の課題及び教科書です。ぜひ参考にしていただき、レポートをご作成ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。
    はじめに
    従来の日本では「学歴社会」はあまり良いイメージを持って語られることは無く、人間の「本来の資質」を考慮せずに人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られることが多かった。ではなぜこのような社会が生まれ、続いてきたのだろうか。このレポートにおいては、学歴社会とは何かを明確にし、高学歴化による教育への影響について考察していく。
    第一章:学歴社会とは何か?
     まず初めに、「学歴社会」とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」という意味である。ここでの社会的地位には職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広い意味であり、文化的地位なども含んでいる。この言葉とよく混同される言葉として「高学歴社会」という言葉があるが、この言葉は「高学歴者の多い社会」を意味しており、この両者の意味するところは全く異なる。この学歴社会において重要な点は学歴社会=ただ単に教育を重視する社会では無いという点である。教育の充実に関しては世界各国において最..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。