日本経済史 0722 分冊1 合格リポート【H25,H26年度対応】

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数283
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。学習に役立てていただければと思います。【課題】徳川時代中期以降、幕府はたびたび貨幣改鋳をおこなった。このうち、(1)元禄・宝永の改鋳、(2)元文の改鋳、(3)万延の改鋳の3つについて、改鋳実施の背景・要因と改鋳の内容、改鋳が経済に与えた影響について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本経済史 0722 分冊1 合格リポート【H25,H26年度対応】

    合格レポートです。学習に役立てていただければと思います。【課題】徳川時代中期以降、幕府はたびたび貨幣改鋳をおこなった。このうち、(1)元禄・宝永の改鋳、(2)元文の改鋳、(3)万延の改鋳の3つについて、改鋳実施の背景・要因と改鋳の内容、改鋳が経済に与えた影響について論じなさい。


     元禄・宝永の改鋳について、この改鋳に至る背景には、幕府が申告な財政問題を抱えていたことがあげられる。歳入の面では佐渡金山などからの鉱山収入に陰りが見えはじめ、歳出の面では明暦大火からの復興や、信仰に篤かった綱吉による各地の寺社造影などがあり、どうしても歳出が多くなっていった。この財政問題に対処するため、当時の勘定頭差添役、荻原重秀は、貨幣の改鋳を建議して、自ら先頭に立って実行した。
     元禄8年(1695年)に実行されたこの元禄の改鋳は、江戸時代の貨幣制度が作られて初めての貨幣改革で、経済に与えた影響は極めて大きいものとなった。改鋳の内容は、改鋳の数量を増やすために貨幣に含まれる金銀の品位を落とすこと。例えば金貨の場合、金の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。