統計学-インターネットの普及による従来の産業の活動や業態の変化-

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数358
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    インターネットの普及による、新聞業界と出版業界の業態の変改について説明しております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     インターネットの普及によって新たな商取引や業態が登場し、従来の産業はビジネス環境の変化に適応するため模索している。ここでは新聞業界と出版業界を中心に、インターネットの普及によって従来の産業の活動や業態がどのように変容したのかを述べるとする。
    ■新聞業界と出版業界の業態・活動の変化
     平成21年におけるインターネットの利用者数は9,408万人に達し、人口普及率は78%となっている。またインターネットの利用目的は図1に示した回答結果となっている。
     図1に示されてある「企業・政府系のホームページやブログの閲覧」がインターネットの利用目的で上位にあることから、各企業は自社のホームページで宣伝活動を強化したり、またインターネットを取り扱う広告代理店への投資を拡大している。このことから広告業界ではインターネットを利用した広告費が拡大しているが、その反面でマスコミ四媒体の広告費は図2のように縮小している。2001年と2009年を比べるとテレビは15%の縮小で他に比べると影響は最も少ないが、新聞は50%近くも縮小している。またインターネットを利用して様々な情報やニュース等を簡単に入手できるようにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。