教育行財政1 試験対策

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数243
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育行財政1の過去問とその参考解答です。
    解答はそのまま覚えてしまっても問題ないと思います。
    また、過去問は全国の友人たちに力を借り、ほぼ網羅していると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育行財政1①
     『平成18年の教育基本法改正の趣旨とねらい及び改正の概要についてまとめよ』
    昭和22年に制定された前教育基本法のもとで日本の教育は充実発展し、豊かな経済社会や安心な生活を実現する原動力となるなど、多くの成果をあげてきた。
    しかし、制定から半世紀以上が経過し、科学技術の進歩、情報化、国際化、少子高齢化、家族のあり方など、我が国教育をめぐる状況が大きく変化し、様々な課題が生じている。
    このため、これまでの教育基本法が掲げてきた普遍的な理念を継承しつつ、公共の精神等、日本人が持っていた「規範意識」を大切に、それらを醸成してきた伝統と文化の尊重など、教育の目標として今日特に重要と考えられる事柄を新たに定め、平成18年に教育基本法が改正された。
    法律の概要
    1.特に前文を設け、本法制定の趣旨等を明らかにした。
    本法制定の趣旨等を明らかにするため、旧法と同様に前文を置き、教育において、個人の尊厳を重んじるべきことなどを引き続き規定する一方、新たに、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期することや、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進することを規定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。