『明星大学通信教育部』PA1040 教職入門1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数724
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    2.教職の専門性について論述せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1 教員養成の歴史は、明治5年政府がとった近代化政策の一つ「学生」の頒布に始まる。同年5月師範学校という、教員の養成機関が国の制度によって設置された。翌年の明治6年制定の「小学校教師心得」では教育をすることは模範を示すことと同義であると扱われ、師範教育の理念を方向づけることになる。明治12年、仁義忠孝に基づく儒教的道徳教育を、わが国の教学の要とすべきであるとする「教学聖旨」が下される。これに伴い明治14年に「小学校教員心得」が制定され、教員は生徒を多識にするよりも善良にすることが大事、よって道徳的教育に力を注ぐべきとされる。明治19年、「師範学校令」公布。師範教育制度は本格的意味での整備への第一歩を踏み出すこととなる。この中で、「従順・友情・威儀」の三気質を生徒に備えさせるよう教育を行うのが、最重要課題として位置づけた。そのため、師範学校では兵式体操を取り入れるなど人格形成の教育に力が注がれることとなる。師範学校生徒は、学資のすべてを支給されるなど厚遇された反面、学校や寄宿舎において軍隊的な規律を要求され、卒業後も一定期間教職に就くことを義務づけられた。明治30年「師範教育令」が制定..

    コメント1件

    kajumaru30 販売
    2012年度のレポートとなります。
    テキストを主に、厚生労働省のHP、図書館で借りてきた関連する本などを参考文献にしています。
    試験対策やレポート対策に役立てて頂けたら幸いです。
    2013/03/13 2:36 (3年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。