752 明星大学 初等図画工作科教育法 1単位合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数627
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    752 明星大学 初等図画工作科教育法 1単位合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    752 初等図画工作科教育法 1単位 合格レポート
    [使用テキスト] 
    「平成20年告示 新学習指導要領による図画工作科指導法 理論と実際」
             大学美術指導法研究会・藤江充・岩崎由紀夫・水島尚喜著(日本文教出版)配本2009年~
    [レポート課題]
    テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1000字程度に大意要約せよ。
    テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章内)の「1、教材研究に基づく学習の構想」から「2、
    指導案に必要な記述事項」までを、1000字程度に大意要約せよ。
    [評価]
    1,2ともに指導者として授業を行う際に、何を重要にとらえるべきか考察し、回答されています。
       
    (1)図画工作科教育の意義は、「造形的表現活動を行う」ということである。造形的表現活動とは、物的材料に人為的変工を加え幻影を見出し与えることである。目の前の物的材料に人為的変工を加えることによって、それまでになかった新たな構造を与え、新たな機能を引き起こす。そうする過程において、自分自身と向き合い、自らの感覚、情緒、感情の把握、実現、有形化していくということが大切で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。