454 明星大学 教育課程論1単位 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数444
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    454 明星大学 教育課程論1単位 合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    454 教育課程論 明星大学 1単位 合格レポート
    [テキスト]
    『現代教育課程入門』 鮫井俊彦・青木秀雄・林幹夫著(明星大学出版部)配本年度2009年度~
    [レポート課題]
    教育課程とはどういう意味ですか、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるのですか。
    戦前の教訓、学科課程、教科課程などを取り上げてその特徴を述べ、併せて、戦後の学習指導要領に示された「試案」や「告示」の持つ意味との違いを中心にまとめなさい。
    [評価]
    教育課程の意味と学習指導要領のもつ意味が、よく理解されています。
    1、教育課程とは、学習指導要領を基準としながら、各学校の児童生徒の活動を踏まえて教育内容を体系立てて配列し、学校教育の全体を表しているもののことである。つまり、児童生徒の成長と発達に必要な文化を組織し、全体的な計画とそれに基づく実践と評価を統合した営みでなくてはならない。このことから、「教育課程」を単なる「教育計画」にとどめておくことはできないことがわかる。
     その為に、教師が教育実践の場において最も重要とされることは、教育課程に基づく指導が、児童生徒の学習を呼び起こし、新たな探究活動を組織し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。