583 明星大学 教師論 1単位合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数386
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    583 明星大学 教師論 1単位合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    583 明星大学 教師論 1単位 合格レポート
    [テキスト]
    『第2版 教師論』森下恭光編著(明星大学出版部)配本年度 2009年度~
    [課題]
    教員養成の歴史について論述せよ。
    教職の専門性について論述せよ。
    [評価]
    教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    専門職としての職責について論及されています。
    1、日本の近代化を図るためには教育が必要として、明治5年「学制」という制度が作られた。この制度により、学校に通って学問を学べば立身治産できると啓蒙した。学校で教えようとした学問は、実学が中心であり、いわゆる開明政策の一環として学校が利用された。この頃の政府は、学校制度をフランスから,教育内容はアメリカから学んだ。そしてこの年に、東京に日本で初の師範学校ができ、教員養成学校ができた。
     明治14年に「小学校教員心得」が示された。そこでは、国家が盛んになるか衰えるかは小学校教員次第だとして、その役割の重大性が述べられた。これは、教学聖旨の影響が大きい。小学校教員は、普通教育の目的を達成することによって、国家の安寧福祉の増進という観点から、尊王愛国の意気込みを盛んにし、風俗を良くし、国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。