631 明星大学 体育科教育Ⅰ 2単位合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数870
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    631 明星大学 体育科教育Ⅰ 2単位合格レポートです。
    2011年から教科書が変わりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     631 明星大学 体育科教育Ⅰ 2単位合格レポート
    [使用テキスト]
    「テキスト保健体育」出村慎一、松沢甚三郎、島田茂 池本幸雄(大修館)    配本年度2011年度~
    [レポート課題]
    子ども達の運動技能習得の仕組みと効果的な習慣のさせ方について考察せよ。
    [評価] 良
    運動コントロールのフィードバックシステムやスモールステップ学習、類似の運動などについて考えること。
    よい動きの獲得と習熟には、筋肉の動きと神経系の関与が隠せない。これらが発達することによってどのように運動効果として現れてくるのか考えていきたい。
     まずは、運動を起こす仕組みについて。神経系の働きとして大きく2つに分かれる。一つ目は、脳の活動を必要とする、随意運動。二つ目は、脳の活動を必要とせず、意識していない他の筋肉も必要に応じて動かす、不随意運動があり、反射運動とも呼ばれる。両者とも運動指令が最終的に脊髄を通り、骨格筋に伝えられ、筋収縮を起こす。運動が起こるということは、運動と神経系の関わりを考える上で押さえておかなくてはいけない。
     次に、筋肉の働きについて。運動をするときに発揮する筋肉は、骨格筋である。骨格筋..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。