相談援助の理論と方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数292
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉科通信教育のレポートです。文字数は1600字程度。
    相談援助における、援助関係の意義と形成プロセスをふまえ、より良い援助関係について述べています。
    参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワーカー(以下、ワーカー)とクライエントの関係は、相談援助の結果に影響を与える。また、ソーシャルワークの歴史における社会福祉援助の理論や方法論の変遷、人と環境の交互作用というパラダイムへの変換などが、この援助関係に大きく影響を与えてきた。そして援助関係の検討には、クライエント個人とのかかわりに焦点をあて、ワーカーがクライエントといかに信頼関係を形成するかがその後の援助の効果に影響するとして、クライエントとのラポールの形成が重視されている。
     クライエントを取り巻く環境には、ミクロ、メゾ、マクロの3つのレベルがある。ミクロ
    ・レベルとは、物理的・社会的環境のうち、個人がある一定の期間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。