地域福祉の理論と方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数322
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉科通信教育のレポートです。文字数は1600字程度。地域福祉サービスの内容とその担い手について述べています。評価は優(100~80点)です。参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域福祉とは、政治・行政制度の基礎単位である市町村を基盤として、自立生活が困難な個人や家族が地域において自立生活できるようネットワークをつくり、必要な在宅福祉サービスを総合的に提供することである。
     そのために、地域福祉を展開するにあたっては、①生活の全体をとらえ、本人の自己選択、自己決定、自己責任を尊重してサービスを提供する「全体性、主体性の尊重」、②現在住んでいる地域で、身近なところでサービスが利用できるように、かつ提供されるサービスは“求めと必要と合意”に応じて社会福祉と保健、医療等が総合的に提供される「身近性、総合性の尊重」、③サービス利用者にサービスを提供するにあたっては、たんにサービス利用者とサービス事業者とが点と点でつながり、機能的にサービスを提供するだけでなく、その人が孤独に陥らないよう、社会的役割や自尊感情、帰属意識がもてるよう配慮したサービス提供を考える「交流性、社会性の尊重」、④サービス利用者のQOLを高め、文化的で快適なサービスが利用できるよう「文化性、快適性の尊重」、⑤行政の責任による制度的サービス(フォーマルサービス)だけでなく、近隣住民もボランティアとし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。