児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数597
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会福祉科通信教育のレポートです。文字数は1600字程度。子ども家庭への相談援助活動の推進と基本的視点について述べています。レポートの評価は良(79~70点)です。参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     児童福祉の潮流は、ウェルフェアとしての福祉(子どもや子育て家庭に問題が生じてから展開される福祉)から、ウェルビーイングとしての福祉(健康で文化的な生活を積極的、育成的に指向し、一人ひとりの自己実現を重視する福祉)へと変わりつつある。それにより、自助を基本としつつ、自助を支援し、時には自助とともに共助や公助が子どもの育成、保護者等の自己実現に、より積極的にかかわる方向を促進してきた。それは、保護者、家庭における養育を社会、行政が支援することによって、福祉上の問題の発生を予防し、子どもや子育て家庭の発達、自立を促進し、その自己実現を促していくという理念、方向性である。
     子ども家庭への相談援助活動では、子どもや子育ての特性から問題が発生しているため、ソーシャルワークの一般理論ではふれられない固有な考え方や知識が必要となる。これらをふまえて、子ども家庭福祉における相談援助活動の6つの基本的視点について述べていく。
     エコロジカルな視点は、エコロジカルな事象のとらえ方と子ども家庭にかかる社会学的理解が交わるところで、目指すべき子ども家庭の相談援助活動を理解する視点である。ソーシャルワーカー(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。