社会調査の基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数661
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉科通信教育のレポートです。文字数は1600字程度。社会調査における個人情報保護について具体的に述べています。レポートの評価は良(79~70点)です。参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉士が社会調査・研究を行う意義とは何か。まず、まだ歴史の浅い学問に新たな研究を蓄積するという、学としてのソーシャルワークへの貢献があげられるだろう。そして、こうした調査や研究を通じ、結果を共有することで、実践家としてさまざまな学びを得られることがある。社会福祉士としての力量を高めることは、クライエントの利益に直結することであり、常に心がけなければならない。
     しかし一方で、社会福祉士はプライバシーの尊重や秘密保持など、クライエントへの倫理責任も有している。社会福祉士及び介護福祉士法第46条では秘密保持義務が謳われており、調査・研究にあたっては、こうした倫理義務規定を念頭においておかねばならない。
     社会調査において、現在、科学研究と社会の関係が問われるようになり、なかでも、保健や医療、福祉といった「人間」を対象とする研究領域では、対象者の権利を守るという意識が高まっている。また、わが国の社会でも権利意識や個人情報などの重要性が認識され、研究倫理の遵守は社会からの要請ともいえる。こうしたことを背景に、各職能団体から研究倫理に関する指針が打ち出されている。福祉の分野では、20 04..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。