【日大通信】英米文学概説(分冊1) 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,151
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    英米文学概説(分冊1)の合格レポートです。

    「わかりやすく、結論もしっかりしたレポートになっています」との評価をいただきました。

    ご参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説(分冊1)                          
     ENGLISH LITERATUREの著者であるLernerは「文学とは巧みに用いられた言葉」と定義している。言葉は一つの普遍的な活動であり、感受性に富んだ言葉の巧みな操作を用いて人間生活の深い洞察を行うことが文学だとしている。また彼は良い文学作品に必要な要素をいくつか提示しているが、今回はその中の”Simplicity(簡潔)”について以下に述べたい。
     簡潔は文章の持つ全ての美点の中でも最上のものの一つであるとしている。これは不必要に多くの言葉を用いる「迂説」、 同じ事を何度も違った言葉で繰り返す「同語反復」、 不要に大げさな言葉を用いる「拡張」などは文章をぎこちなく、味気ないものにしてしまうからである。
    ①The earth is the Load’s and the fullness thereof; the world, and they that dwell therein.
    この文章はthe 24th Psalm の一説で、簡潔かつ印象的である。
    ②The earth may be said b..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。