【日大通信】アメリカ文学史Ⅰ(分冊1) 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,420
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカ文学史(分冊1)の合格レポートです。
    「前半の文学史のまとめ、後半の作品感想もよく書けています」との評価をいただきました。
    ご参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ文学史Ⅰ (04141) 分冊1                        
    <The Rise of a National Literature> 
    独立後のアメリカでは小説が最初の人気文学となったが、それ以前はピューリタン達が「小説は若者達に不道徳な考えを植え付けるとして危険な文学」とみなし、ほとんど書かれることはなかった。その小説の中で重要な人物は、Charles Brockden Brown(1771-1810)、Washington Irving(1783-1859)、James Fenimore Cooper(1789-1851)であろう。
     Brownは恐怖の心理に関心を持ち、複雑で時には残酷な心理を描写。後にHawthorneやPoeに影響を与えた。彼の一番有名な作品である”Wieland(1798)”は、激しい情念に満ちた物語で、ヨーロッパ流の心理的怪奇小説である。Brownの小説の主人公は自分達の人生を理解し、そしてコントロールできない事を知っていく。それはBrownが人生は悲惨で屈辱的と考えていたからである。
     19世紀初期、ニューヨークはアメリカ文学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。