【日大通信】イギリス文学史Ⅱ(分冊1 ) 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数996
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    イギリス文学史Ⅱ(分冊1)合格レポートです。
    課題は2(ヴィクトリア朝社会に対して批判を寄せた思想家、小説家、詩人などを5名挙げてそれぞれの批判内容を述べなさい。)を選択し、「課題に忠実によく学ばれています」との評価をいただきました。
    ご参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリス文学史Ⅱ(分冊1)                        
     1837年にヴィクトリア女王が即位した後、イギリスは半世紀以上に渡る安定した国力充実の時期を迎えた。中でも1870年頃までのヴィクトリア王朝期は、イギリスが商工業国としてかつてない繁栄をみた時代である。
     しかし、女王が即位してから40年代に至っては農作物の飢饉が深刻な状況であった。ヴィクトリア朝はイギリスの国威が最も隆盛をみた時代であるが、その内部にはさまざまな矛盾を抱えており「飢餓の40年代(Hungry forties)」といわれる暗い時代があった。また、貧富の差が一層広がり、社会の矛盾があらわになって広範囲において革新運動が起こった時期でもあった。特に労働階級は搾取の対象となり、その反発から1837~1848年には労働階級の政治的発言を強化しようとする急進的政治改革運動が大きく盛り上がり、労働条件の改善や参政権の獲得などしていった時代でもある。イギリスも国家として資本主義の足場を固めるため、帝国主義的政策が推進されアメリカ、カナダ、インドなどを始めとした植民地獲得を進めた。
     この時代に成功した中流階..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。