法学原論 期末レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数429
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定獲得。期末レポート。憲法Aと同じ課題だった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学原論 期末レポート
    水俣病裁判と環境権成立
     東関東大震災の原発事故からもう  ヶ月が経とうとしている。これまであいだ、汚染水は福島県
    の海に垂れ流され続け、放射性物質も放出されてきた。いま、問題は食物の汚染と、避難民の補
    償に移ろうとしている。東京電力、政府そして避難民の関係をニュースで見ていると、どうにも思い
    出されて仕方がない事件がある。水俣病である。水俣の人々は、健康被害だけでなく、生態濃縮
    されて汚染される食物、それに伴う失職などの貧困、差別と戦った。裁判の相手は国を後ろ立て
    にしたチッソという民った。では、福島原発事故をにて、環境権
    成立ののなった水俣病をめぐる裁判をてたい。
    事のあらまし
     
    1940
    末、県水俣ネ、水俣海で大が見られた。
    1956


    後に水俣病なるしさんが病かかり、水俣病が発見さ
    れた。、大学のによってチッソからのよる汚染がれたが、
    国ッソのによって原質とはなされなかった。県は水俣の
    をしようとも、俣のて化
    しているかなが認められない
    1
    して食生法のした。
    1958
    チッソ水俣工
    東京大学の後も俣にるの見を発てし、さらに秘
    に水俣はなく海ぐ水..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。