教育基礎総論1 小レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数165
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定獲得。授業で見た世界の大学についてのビデオをもとに考えを論じる中間課題。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育基礎総論1
    A:ドイツまたはチェコ、あるいはその両方の大学の理念のあり方をまとめよ。
    ○カレル大学(チェコスロバキア)
     
    1348
    年、カレル四世によって設立された
    東欧で最古の大学。総長であったヤン・フスが、宗教革
    命に着手し、処刑されるまで主張を変えなかったことは有名だ。また、独立に際しても、カレル大
    学哲学科教授であったマサリクらの力が大きな推進力となった。
    1960
    年、正式に社会主義国化し
    たことで、共産主義思想が大学内部でも徹底された。哲学科という思索を旨とする学科においても

    多くの教授・教諭が職を追われた。されたなかには、ンピックダリストのチャラフス
    カヤのあった。思想を変えれの職にできることは分かっていたが、の正直
    に思想をた。をるのはプラハのでた。
     カレル大学の理念は、思想と学ではないだろうか。社会主義のの下にあっても、
    なかった、フスから継ぐのをしている。
    ○ハイ学(ドイツ)
     
    1386
    年設立。ドイツ最にして最古の大学である。学学有名で、ゲル
    ックス・ー、ヤスパが教た。名もなっている学は、学
    があっただ。ビのも、大学に学、にない
    基礎学を、はらないで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。