教職教養Ⅲ 期末レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定獲得期末課題。少女と人形という視点から教育史を論じた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職教養Ⅲ 期末レポート
    人形と少女の教育史
     この間、日曜洋画劇場で『トイ・ストーリー3』を見た。何度も見ているが、やはり今回も泣いた。そ
    してやはり、この映画を見ると実家の納戸にある私のおもちゃのことを思い出して、なんとも切ない
    気持ちになった。私のくまよりもかわいいテディベアは存在しないと本気で思うし、ポケモン人形た
    ちは今も質感や大きさを覚えている。犬のホームズ先生はいつまでも私の初恋の人だ。子供の頃
    に触れたもの、特におもちゃや本の類はいい年こいても心の大事な所に居るのだと思う。人格に
    及ぼす影響は甚大だ。
    少女と人形
     ところが、そのおもちゃがしい大人子供を教育するとしてされてきたがあ
    るという。すのおもちゃは大人が何がしかのを持ってたものであるから、といえ
    のかもしれない。少女人形の』では、少女たちの教育に
    人形がれたされている。本はて、人形と少女のをするこ
    とで、そののや大人たちが願った女をしてい。
    からにかけて
     人形と少女がなつきを持つようになったには、の思でいる。が
    た教育がであったために、においてもをした。年はおも
    ちゃ、少女は人形いったの分けある。
     は、おい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。