憲法A 中間課題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数326
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法学原論の中間課題。A判定獲得

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法
    A
     課題
    「宴のあと」事件
     
    1961
    年 三島由紀夫・新潮社はプライバシーの侵害を理由に有田八郎から訴えられた。三島が
    著し、新潮社が発行した『宴のあと』という小説は、有田の私生活をモデルとし、料亭の女将との恋
    愛を暴露するものであった。有田は元外務大臣で、東京都知事の候補者であった。有田は、慰謝
    料と謝罪広告を求めていた。この裁判は、表現の自由と私生活をみだりに公開されない権利(プラ
    イバシー権)という両者の基本的人権をめぐる裁判であった。
     
    1964
    年、東京地裁はプライバシーの権利を「私生活をみだりに公開されないという法的保障な
    いし権利」として理解し、三島側に
    80
    万円..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。